映像信号に組み込まれた「CGMS-A」
映像信号にコピーの世代や、コピーの可否などの著作権管理情報を乗せるものです。CGMS-Aに対応した録画機器は、この信号を受け取ると、その情報の内容に沿って動作します。地上波・衛星のデジタル放送では「コピーワンス」という一度録画したら、以後はムーブのみでコピー(孫コピー)はできないという情報が組み込まれています。ムーブする場合も、対応したメディアとAV機器を利用しなければならず、その上ムーブしたDVDは一般的なプレーヤーでは再生できないことが多いです。 この方式のコピーガード信号が効果を発揮するためには、記録側の機器が信号に対応している必要があり、古いアナログビデオデッキなどでは機能しません。