「多機能型」のメリット・デメリット
  • 映像の入出力端子が多く、セレクター機能(複数の入力を切り替えられる機能)が備わっているので、DVDプレーヤー、スカパー!チューナーなど複数の機器をつないだままで使え、必要に応じて切り替えることができる。
  • 画質調整機能を装備しているので自分好みの画質に追い込める。
  • 価格は2万円以上が相場であり、高価。