「単機能タイプ」のメリット・デメリット
  • 格安コピーできる
  • 1万円前後が相場で初心者にも手が出しやすい。
  • 画質調整機能が簡易的(機種により一切ない場合もあり)。
  • 入力するソースを変えるたびにケーブルを付け替える必要あり。