リモコンで入力して裏機能を有効にしよう
通常、DVDプレーヤーとHDDレコーダーをつないでDVDソフトをコピーしようとすると、DVDプレーヤー側からコピーガード信号が出力され、HDDレコーダーでの録画が止まってしまいます。ところが、裏機能を有効にすることでコピーガード信号が出力されなくなります。再生したDVDソフトの映像を、そのままHDDレコーダーなどに録画できるようになってしまうのです。
また裏機能を使えば、本機のリージョンコード(世界の各地域ごとに割り振られたコード)を「0(制限なし)」に設定することも可能。本来、日本製の DVDプレーヤーはリージョンコードが「2」のものしか再生できませんが、アメリカ(リージョンコード「1」)や中国(リージョンコード「6」)など、他のリージョンコードを持つ地域のDVDソフトもそのまま再生できるようになります。もちろん、リージョンコードを解除した状態で出力することもできてしまいます。
なお、これらの裏機能を有効にするためのコマンドは、上に示したとおりです。リモコンを使って入力してください。裏コマンドを入力してコピーフリー化すれば、本機にHDDを装着して再生する際、著作権保護機能が付いたDVD-Videoファイルも視聴できるようになります。