新型コピープロテクトは突破できるか?
ここで、「ARccOS」や「RipGuard」といった新型のコピープロテクトがかけられたDVDソフトを、DPX-5Lでバックアップする実験を行いました。これらのプロテクトは、ディスクに意図的にエラーとなる領域を記憶させ、コピーする際にエラーを誘発させます。特にRipGuardは強固で、再生しているDVDプレーヤーに不具合を生じさせることもあります。結果は、ARccOS、RipGuardともに問題なく突破。ただしRipGuard入りのDVDソフトは、フルバックアップのみで圧縮機能との併用はできませんでした。