アナログ放送とデジタル放送の違い
これまでのアナログ放送では、基本的に映像と音声しか流せませんでした。加えて、ハイビジョンの映像を放送することも無理です。それに比べ、デジタル放送はハイビジョン放送が可能(とはいえ、まだSD画質での放送も多いですが)です。ほかにも利点として、デジタル放送はゴーストが発生しない、音声は AAC5.1chサラウンド(アナログは2ch)、ステレオ2カ国語音声(アナログはモノラル)、生番組でも字幕の表示ができるといったことが可能です。デジタルチューナーが付いたDVDレコーダーなら、いわゆる「おっかけ再生」もできてメリットは多いです。