「コピーガード」の基本を知ろう
DVDをダビングしたら、映像が歪んだり、乱れたりして上手くダビングできなかった、という体験をしたことはありませんか?せっかくのハイビジョンの画質が乱れてしまうと、がっかりしてしまいます。映像を乱す原因は、ビデオやDVD、それに衛星放送や地上波デジタル放送などに含まれる「コピーガード信号」のためです。コピーガード信号とは、DVDソフトやデジタル放送を無断でコピーすることを防止するための信号です。録画側の機器がこの信号を拾うと、映像が異常な状態で記録されたり、そもそも録画できないなどの状態を引き起こします。特に厄介なのが後述にも出てくる「コピーワンス」です。デジタル放送に付加されていて、これもコピーに制限をかけるコピーガードの一種です。ここでは、さまざまなコピーガード信号の仕組みについて、詳しく解説していきます。